収蔵資料データベース
一覧ページ
10014

鼻腔と副鼻腔の構造 5分解モデル


分類模型
[説明]
このモデルは,1.5 倍に拡大した顔の右側半分から成り,鼻の内部および副鼻腔の構造を再現しています。頭蓋は各部位ごとに色分けされており,取り外し可能な皮膚は透明なので,つけたまま頭蓋骨の構造を確認することできます。外側から下記の構造を見ることができます。・外鼻軟骨 ・前頭洞,篩骨洞の位置を確認できます ・上顎骨の一部と頬骨を外し,上顎洞を外側から観察できます。 正中断面では下記の構造を見ることができます。・鼻腔(粘膜に覆われた状態) ・鼻甲介(上・中鼻甲介,下鼻甲介の取外しが可能) ・副鼻腔:上顎洞,篩骨洞,前頭洞,蝶形骨洞 ・粘膜下の動脈 ・嗅神経 ・鼻腔の外側壁および鼻甲介と口蓋の神経分布 。部位名称表の記載言語:日本語・ラテン語・英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語・イタリア語
サイズ26×19×24 cm
重さ0.8 kg
製造元・作者スリービーサイエンティフィック
保管場所メディカルミュージアム
管理講座解剖学講座
管理責任者相見
管理者連絡先2141
数量1点
登録日2012-11-06
貸出の可・不可学外貸出可
科目別解剖学
系統別複合
動物種別ヒト
PDFなど添付書類 10014_1.pdf
QRコード1(固定)