収蔵資料データベース
一覧ページ
10012

骨の構造モデル


分類模型
[説明]
長管骨の典型的な構造である層板骨を様々な断面を示しながら再現した詳細な80倍大モデルです。

横および縦の全層断面で骨の各層を見ることができ、また骨髄内構造の2層も表示されています。層板骨を構成する重要な要素が容易に確認できるので,その構造はもちろんのこと,ハバース系とも呼ばれるオステオン(骨単位)の機能や,海綿質,緻密質,骨内膜,皮質,骨細胞,フォルクスマン管,ハバース管など,各要素間の関連性を視覚的に説明する際に大変役立ちます。

部位名称表の記載言語:日本語・ラテン語・英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語・イタリア語・ロシア語・中国語
サイズ26×19×14.5 cm
重さ0.8 kg
製造元・作者スリービーサイエンティフィック
保管場所メディカルミュージアム
管理講座解剖学講座
管理責任者相見
管理者連絡先2141
数量1点
登録日2012-11-06
貸出の可・不可学外貸出可
科目別解剖学
系統別筋・骨格系
動物種別ヒト
PDFなど添付書類 10012_1.pdf
QRコード1(固定)